わたしの婚活回想記

婚活を経て結婚した女の戯言ブログ

結婚だけが全てじゃない

婚活をして、悩んだ時に

「結婚だけが全てじゃない」って

言われることが多かった。

 

まぁ確かにその通り

 

でもそれって未婚の人が言うセリフではない

 

経験者が言うならまだしも、

こういうこと言う人に限って未婚。

そもそも大して恋愛経験もない人が言ってたりする。

 

絶対的幸せが確約されてる結婚なんてないし、

今後どうなるかなんて分からない。

 

でも、少なくとも女性は、

ブライダル関係の諸々はとっても幸せだし楽しいですよ。

 

結婚したい、幸せな結婚生活を送ってみたいと思うことは、

よほど複雑な家庭環境で育った方でない限りは、当たり前の感情だと思います。

 

なので、婚活中の方は周りからの変なアドバイスは気にせず、そのまま邁進しましょう。

 

そしてそんな謎の上から目線発言をしていた人が、

30代半ばくらいで独身でいることを焦っている姿を見ることになるでしょう。

 

「なんかある」を解説しよう

条件がきちんと整っているのに

アラフォー以上の未婚の男女に対して、

よく言われるのが

 

「なんかあるんだと思うよ?」

 

この「なんか」は全貌が見えない分とても厄介だ。

チビデブハゲブスなど分かりやすい理由がある方がまだ良いと思うくらい。

 

この際その「なんか」をハッキリさせましょうか。

 

それは

 

 

無頓着である

 

 

それだけです。

 

未婚と既婚の違いに、

年収の差、見た目の差、性格の差は、

必ずしも当てはまりません。

 

男女問わずハイスペックな未婚もいれば、

年収も見た目も悪い既婚だっているでしょ?

 

 

様々な価値観が許されている現代でも、

それでもやはり成人したら仕事をして、

30歳前後では結婚をするという考えが

大半でしょう。

 

自発的に意識する場合もあれば、

他人からせっつかれて意識する人もいる。

 

結婚に焦りを感じることはカッコ悪くなんてないし、

寧ろいたって普通のことです。

 

一方、本来であれば結婚していておかしくないレベルの人がアラフォーまで未婚の場合、
その大半は「無頓着」な人であると言えます。

 

結婚しろと言われても、気にしない

周りに未婚者が減っても、気にしない

 

 

実際あなたも見たことないですか?

 

アラフォーになって突然結婚に焦り出し、

同年代の女性を狙えばいいものを、

20代〜30代前半女性ばかり狙うおじさんや、

ハイスペック男性でないと受け入れないおばさん

それが叶わないのであれば、

結婚なんてしなくていいとまで言い切る

 

とっくに適齢期過ぎてるのに、

堂々と婚活宣言をするところも、

恥ずかしげもなく無理目なところを狙うところも、

周りの目に「無頓着」が故なんです。

 

 

別にそれで何か悪いかって?

世間や他人の目に無頓着って、

将来のパートナーにするにもとても苦労しますよ。

 

同じくあなた自身も無頓着な人間なら

非常識夫婦でお似合いでしょうが、

アラサーで婚活をしているのであれば、

その価値観はとてもまっとうです。

つまりはあなたは常識人です。

 

無頓着な人間と一緒にいると、

こちらにとっての当たり前が通用しないし、

夫婦としての絆形成にもとても苦労するでしょう。

 

ハッキリ言えば「なんかある」はリスクです。

ただそのリスクを理解した上であれば、

不明瞭な時よりは良いのではないでしょうか。 

 

あなたが婚活で出会った相手が

原因不明の高齢未婚者である場合、

ぜひこの「無頓着」を乗り越えられるかを

考えてみてください。

結婚願望ないってそれ本気?

婚活に疲れてくると、

そもそも結婚願望ないからー

とか言いたくなりますよね。

 

婚活で負け続ける自分を擁護したくなる。

 

そして気になる彼のセフレになってることすら、

自らが望んでのことだと言い張る。

 

 

そうやって逃げた結果得られるものってなんですか?

若いうちはまだセフレとしてでも需要があるでしょう。

 

しかし30代半ばくらいになって、

セフレとしてすら選ばれなくなった時、

あなたに残されたものってなんですか? 

 

 

どんなにつらくてもアラサーなら、

婚活頑張りましょう。

婚活やめてもいいことなんてない。

 

一人で生きていく覚悟を決める方が

よっぽど勇気のいることです。

 

その勇気あるなら婚活も乗り切れます。

 

既婚者を見抜く方法

真面目に婚活してる女性にとって、

1番厄介なのは

 

黙って近づいてくる既婚男

 

 

これね、本当にどうにかしたい。

既婚男性とのご飯なんて全く意味ないですから。

 

既婚男は人生の先輩からの意見を聞けるから、独身女性にとっても有意義な時間とか思っちゃってるんでしょうけどね、

そんなの会社の上司に聞いてるんで、

全くもってご都合主義な意見です。

 

 

ハッキリ言います、

既婚男性との時間は無駄なだけです。

 

 

せめてまだ既婚である旨を伝えた上で、

口説いてくるなら百歩譲って許しましょう。

それで口説きに乗る女も女ですしね。

 

 

1番嫌なのは黙ってるパターンね。

法律で規制してほしいと思うくらい、

婚活女性にとっての敵です。

 

 

私も何回か経験ありますよ。

いいかも?って思ったら、

実は既婚であると発覚するパターン。

 

 

私は不倫に全く魅力を感じない人でしたから、

既婚と分かった瞬間に問いただして、

白状させて、それで非表示にしてました。

(ブロックはやめた方がいいです。

もし万が一そいつの嫁側から何かやられた場合、 

こちらは何も知らなかったことの証拠になりますからね)

 

 

それにしてもどうやったら既婚者を見抜けるんでしょう。

 

 

私が実践してた方法は、

まず住んでる場所を聞きます。

 

男性って独身の場合は、

比較的勤務先に近いところに住むと思うんですよ。

あとは結構人気なところ。

 

勤務先から遠いやたらとファミリー向けの

土地だった場合は、

ほぼ黒と思っていいでしょう。

 

しかしこれも嘘つくことは可能です。

それに単身赴任中などの場合は、

これだけでは判断できません。

 

その場合は素直に「結婚されてますか?」って聞いちゃう。

意外とこれで素直に白状する男もいました。

 

正攻法で聞かれたら、嘘をつけないのかもですね。

 

でもそれでもしらばっくれる奴もいます。

その場合は、もうひたすらにネット検索!

 

SNSがこれほど普及してる時代ですから、

何かしらの事実がネットで分かる場合も多いです。

 

男の場合はさほどセキュリティとか厳しくしてないから、

案外あっさりと結婚式の写真とか出てきちゃったりします。

 

ただそれでもなお分からない場合もあります。

 

そういう時はもう

第六感に頼るしかありません。

 

 

私の知人で、本当に性格も良く優しい女性がいるのですが、

彼女の当時付き合ってた彼は、

勤務先は言わない、家は寮だから呼べないと言われ、SNS系の類は一切やらない、

彼女は第六感で何か怪しいとずっと感じてました。

 

しかし、

 

「私が彼を信じてあげなくてどうするんだ」

 

 

と、優しさの方向を間違えてしまいました。

 

結局色々あり全ての事実が分かった時、

 

彼は妻子はいるわ、

他にも彼女はいるわ、セフレはいるわの、

正真正銘のクズヤローでした。

 

ちなみに全員に違う誕生日を言い、

毎月誕生日プレゼントもらってたそうです。

 

救いようのない奴です。

 

 

ただ、この男の怖いところは、

別に結婚を匂わせてたわけでもないし、

何か金銭を要求したわけでもない

プレゼントだって女性が自らの意思で買ったわけですからね

 

だから法律でさばける要素は1つもない。

 

しかし彼女の心の傷は凄まじく、

それからは今までとは打って変わり、

ワンナイトの関係を求めてアプリをやりまくり、とんだビッチ女に豹変しました。

そして今でも独身です。

 

結婚願望すらなくなってしまったそうです。

 

 

婚活中の女性の皆さん、

女の第六感をなめちゃダメです。

 

証拠はなくとも、なんとなく怪しいと思ったら、

見て見ぬ振りはせずに、とことん問い詰めましょう。

 

 

 

広告を非表示にする

若ければ若いほどいいの真理

婚活開始は若ければ若いほどいい

 

果たしてそうでしょうか。

ここでは卵子の衰えとかそう言った話は、

一旦置いておきます。

それ言い始めたら全ての話が深掘り出来ないので。

 

 

結婚に必要なものは生活力です。

そして生活力とは家事スキルや節約スキルなど、日々の生活をする上で必要な能力です。

 

 

結婚は日常生活

結婚相手は日常を一緒に歩むパートナー

 

生活力だけで言ったら、若い人よりもある程度年齢を重ねた方が上のはずです。

単純に経験値が違いますから(実家暮らし除く)

 

しかしどんなに生活力があっても、

ボロボロの見すぼらしい女性は相手にされるでしょうか。

 

ブスは3日で慣れるけど〜、という有名な言葉がありますね。

しかし以前ネット上で「そもそもブスには3日目など訪れない」という名言を見かけました。

 

これ非っ常ーにキツイ言葉ですけど、

でもごもっともだと思います。

 

女だってどんなに条件の良い男性だったとしても、

あまりにも不潔で嫌いなルックスの人とは、

3回もデートしませんよね。

 

そう、ブスに3日目は訪れないんです。

 

美醜は単純な顔の作りや、骨格だけではなく、

若さゆえのはじける肌、潤った髪などもあるでしょう。

こればかりはどんなにどんなに努力をしても、

年齢が上がると失ってしまうものもあります。

 

逆にそれをお金と時間をかけまくり、

保てている女性は先に述べた生活力の点で、

難ありと判断されやすい。

 

生活力は本人が努力しないと身につけることはできませんが、

美しさは「若い」というだけで、ある程度合格点になれたりする。

 

そう考えると結婚相談所の方などは、

生活力が全くない人だとしても、

せめて若さという武器があるうちに動き出したら、

まだ可能性はあるかもしれない、

ということではないでしょうか。

 

だから婚活は若ければ若いほどいい

と、呪文にように唱えているのではないでしょうか

 

裏を返すと、

例え若さを失ってしまった後だとしても、

生活力を身につけ、第一印象で即お見送りされない程度の清潔感を身につければ、

30代前半の方なら十分間に合います!

 

そしてごめんなさい、

アラフォー以降の方がこれに当てはまるかは

正直分かりません…

あくまでアラサーまでとお含みおき下さい。

占いはもっとほどほどに

先ほどの神頼みの話に引き続いてですが、

婚活中って占いにも足しげく通ってしまいますよね。

 

えぇ、私もその一人でしたよ。

 

1時間2万円とかの占いに何回か行ったこともあります(´-`)

占い師にも色々なタイプはあるでしょうが、

大丈夫だと繰り返し言ってくれる励まし系か、

貴方この機会逃したらヤバイよって言ってくる脅し系…

 

これまた受け手によってどちらが好きかも異なるのでしょうが、

私は脅し系は全く信じず、励まし系の人ばかり行ってました。

 

確かにそれで多少なりとも癒されたのは事実ですが、

でも結局彼ら彼女らから言われたことって、

ごくごく一般的な婚活アドバイスでしかなくて。

行っても行かなくても

私の運命は変わらなかったと思ってます。

 

縁結び神社と同じで、占いも友達とネタ的な感じで行くにとどめておいた方がいいと思います。

神頼みはほどほどに

独身時代、特に婚活期間中はよく

縁結び系の神社に行きました。

 

都内でしたら東京大神宮にはもちろん行きましたし、

出雲大社伊勢神宮にも行きました。

親もよく縁結びのお守りを買ってきてくれたので、

自宅はお守りで溢れかえってました。

 

もはやどの神様が私の縁を結んでくれたのか

わかりません笑

 

というよりも…神頼みは本当に気休めでしかないです。

友達との旅行の1つとして行く分にはいいですが、

何度も何度も足を運んで、

神様にお祈りするくらいなら、

そのお金と時間で婚活パーティーにでも行った方が良いです。

 

スピリチャル的考えを否定するつもりはないですけど、

結婚相手を探すことって、現実世界の話ですからね。

 

結局、婚活を無事に終えられる人とそうでない人との違いって、

行動量以外ないのではないでしょうか。

 

神様へのお願いは一度で十分です。

二度三度と通うくらいなら、

一人でも多くの男性と出会う機会を作りましょう。

広告を非表示にする